• RRP

    Rikyu Renovation Plan

     

     

    ”編集しながら暮らす”

     

     

    RRPは新しい賃貸住宅を目指します。

    住まい手の方々と共に創る「テーマのある暮らし」

     

    生活の中で暮らしに必要なものを、その時々に

    相談しながら「創造し編集する暮らし」を目標に

    していきます。

     

    時間の経過とともに、住まい手とともに、常に

    変わっていくことがRRPのテーマです。

  • New project will be start soon!

    新たなコンセプトルームの工事がスタートします!

    Theme 『MUSIC』

    約30㎡のワンルームに

    YAMAHA防音室

    ”アビテックス”を設置予定

     

    ボーカル練習やギター・バイオリンなどの弦楽器、対応可能です

    (打楽器、低音楽器は不可)

     

    あるていどの広さがあるので、DTMなどの作/編曲作業も可能です

     

    グランドピアノの搬入も可能

     

    (サイズ等はお問合わせくだい)

    Theme 『COOKING』

     

    業務用コンロを設置した料理に特化した お部屋を実現します

     

    料理の撮影に必要な機材を備えた

    キッチン用撮影スタジオとして使える空間を現在計画中です

     

    詳しくは近日お知らせいたします

    Theme 『photogragh』

    「暗室」+『撮影スタジオ』

     

    暗室作業が可能な撮影スタジオのアイデアを

    暖めています。このアイデアはまだ実現可能性が

    高くないのですが、実現するための可能性を

    探っています。

     

    現代社会において「写真」の存在しない世界を想像することはできません。

    RRPでは、「料理」と同様に「写真」を重要なテーマととらえています。

     

    RRPおよび住まい手のイメージ構築を

    自ら手がけて行くことを目標にします。

     

    「音楽」「イメージ(写真)」「料理」によって生活を、人生を豊にしていきたい。

     

    そのためのコンセプトルームとして現在

    計画中です。

     

    (*現在一般募集の予定はありません)

  •  

     

     

    『編集しながら暮らす』/ 12月の編集紹介

     

    304写真研究室にて

    作業デスク上の梁の裏側に吊り棚を作り付けました。

    写真研究室も期間限定オープンしてから3ヶ月が

    経過し、備品や書類などが増えてきました。このと

    ころ大量のネガとプリントを入れているファイルの

    置き場所に困っていたところでした。もしここに、

    棚があれば、このファイルがしまえたら、という思い

    を無視せずに、『編集』をしたのがこの棚です。

    この棚のおかげで、生活がまた楽しくなりました。

  • Blog

    日々の出来事を綴ります。

  • 入居募集も残りわずかです

    RRPでは現在、プロジェクトに興味のある方を若干名募集中です。

     

    キーワードは、

    グランドピアノ、音楽、料理、DIY、写真、映像、ガーデニングなど

     

    住まい手として

    プロジェクトの理念に賛同していただける方を募ります。

    (プロジェクトの特性上、入居の要望に添えない場合があります。)

     

    現在、フルリノベのできるお部屋はすべて終了しました。

     

    お部屋の設備工事(RRPによる)後、住まい手ご自身によるDIYの

    可能なお部屋を現在2部屋募集中です。

     

    空間だけでなく、住まい手同士の関係性、遊びに来る人たちを含めた

    新たなコミュニティ創りを目指します。

     

    特技や職能を持った人たちが集まることで、既存の賃貸住宅では成し

    得なかった集合体を実現したいと考えています。

     

    RRPは、あくまでもシェアハウスではなく賃貸住宅です。

    賃貸でありますが、住まい手が全体運営に主体的に関われるような

    仕組みづくりをしながら、適度な距離感を保ったコミュニティを

    目指しています。

  • 編集しながら暮らす

    住まい手が主役でいられるように。制約条件の中でできることを探していく

    1

    住まい手と編集の内容を相談

    プロジェクトに興味がある住まい手候補の方と、人生実現に必要なコトやモノについて雑談の中からヒヤリングし深堀りしていきます。生活空間に何が必要なのかを選び出し、話し合いの中から現実にしていきます。

    2

    必要な設備・工事を実施

    必要な設備などの工事を行います。ご自身でDIYするものについては、工具の貸し出しや使い方をご説明するなどお手伝いしながら創っていくことを目指します。

    現状の設備をそのまま利用し、壁紙やペンキなどで十分という方には、そのように話し合いを進めます。

     

    (基本家賃に対して、工事内容に応じた金額が、月家賃に反映されます)

    3

    編集しながら暮らす

    屋上やテラスなどで不定期にイベントを行ったり、住まい手の職能などに応じて、新たな仕事を創造できるようなコミュニティを創っていきましょう。

     

     生活の中で必要になったものは、できるかぎりDIYなどで手作りしていきましょう。

  • Progress of this project.

    モデルルーム202は 2017年12月末で終了します

    Room202

    2017.10.06

     

    *入居者決定済み

    Room202

    2017.09.29

     

    + Dirt floor / Bathroom

    Room202

    2017.09.22

     

    + Dirt floor

    Room202

    2017.09.22

     

    + Painted walls white

    Room202

    2017.09.19

     

    + painted wall white (DIY) 

    Room202

    2017.09.18

    Room202

    2017.09.10

     

    + Lifemain Base

    Room202

    2017.09.02

     

    + floor

    Room202

    2017.09.01

     

    + shower room

     

    Room202

    2017.08.23

     

    + celling

    Room202

    2017.08.08

     

    - destruction

    Room202

    2017.07.21

  • About this project

    TOCHIO + KanaDeLabo + Dimple architects + Souzou-kei realestate

    プロジェクトのはじまり

    約2年前、RRPはKanaDeLaboとの耐震補強の計画から始まりました。プロジェクトは、これからの賃貸住宅やコミュニティ、街のあり方などを何度となく雑談する中で徐々に育ってきました。やがて創造系不動産の高橋さんに相談するようになり、計画が走り出しました。残念ながら諸条件によりプロジェクトの理想形を実現することはできなかったのですが、今できる範囲で計画を実行することになりました。

     我々は「編集しながら暮らす」を理念にしています。

    大家と住まい手が、そして住まい手同士が協力しながら、その時生活に必要なものを作りながら暮らす。そんな風景をイメージしています。

     具体的には7部屋の新規募集を行います。部屋空間については、将来の入居者の意見を聞きながら進めていく予定です。

     

    全12部屋中の7部屋を新規募集

    7部屋を順次募集開始しました。

    現時点では2部屋のみ募集中です。

     

     202号室はモデルルームとして運用しておりましたが、2017年12月末をもってモデルルームは終了いたします。

     

     303号室は「音楽」をコンセプトとしたお部屋に、205号室は「料理」に特化したお部屋に生まれ変わります。

     

     順次工事がスタートしていきますので、プロジェクトが終了するまで騒音が発生します。入居中の方々にはご迷惑をおかけいたします。

  • About Rikyu Apartment

    from 1969, 5 story RC building.

    現在のマンション外観

    Google Street Viewより

    昭和40年頃(推定)

    以前の地番は千早町4-48でした

    現在も同じ場所にあります

    現在建物の名称は「利久マンション」ですが

    利久は建物を建設した現在の大家の父の名前

     

     

    マンションの前身は肉屋でした

    現在のマンションの前身は肉屋でした

    現在は商店がいっさいないマンション

    向かいの通りも、昭和40年代は賑やかな

    商店街だったと聞いています

     

    今では古くなってしまったこのマンション

    も、当時は集合住宅の先駆けだったのです

     

    現在日本の税制では、建て替えしたほうが、

    プロジェクトはスムーズに進行すると容易に

    想像できますが、我々は今ある資源を最後

    まで活用する道を選びました

  • 9Model Room 202 (入居者決定済)

    202は通常の原状回復で再び募集できる状態の部屋でした。

    しかし「とりあえず壊してみない?」という提案から、プロジェクトメンバーが考える『編集する暮らしのモデルルーム』に生まれ変わります。

     

    通常の原状回復でない賃貸空間のリノベで「どこまでできるのか?」を考える実験空間でもあります。

     

    モデルルームと他の部屋とを比較しながら、自分にはどのような空間が必要なのか?を想像していってください!すでに入居者が決定していますが、もうしばらく見学は可能です。

    モデルルームのイメージパース

    部屋の右側が入り口から奥まで土間になっています

    工事まえの202号室

    工事まえの202号室

    工事スタート

    天井、一部床の解体を行いました

    天井にルーバーが付きました

    ベッド部分ができてきました

    この部屋の生活のベースとなる造作ができてきました

  • Room 503

    現在の 503号室 です。

    壁紙を変えるなどこのまま住むか、部屋を壊してモデルルームのようにリノベするかは、あなた次第。

    どのような空間が必要かで家賃設定が変わります。ご興味あるようでしたら、ぜひご連絡ください。

     

    南 → 北

    北 → 南

    周りに高い建物がないので遠くに、新宿副都心が見えます。

    南 → 北

    周りに高い建物がないので視界は良いです

    Bathroom

    → 入口、キッチン

    押入れがあります

  • Room 501(入居者決定済)

    現在の 501号室 です。

    壁紙を変えるなどこのまま住むか、部屋を壊してモデルルームのようにリノベするかは、あなた次第。現在西側窓から下層階増築部分のトタン屋根が見えますが、これは近日減築処理にて解体撤去予定です。あたらしくテラスに生まれ変わります。

    北東 → 南西

    西 → 東

    東 → 西

    南 → 北

    西 → 東�

    東 → 西

  • 4th Floor (Owner's room)

    4階は大家の住まい。広いテラスを起点に不定期にイベントを開催していきます。グランドピアノを中心に音楽というキーワードでもつながります。 (設計 : Dimple建築設計事務所)

    4階テラスイメージ

    4階テラスイメージ

    4階大家の住まい

    音楽や料理、映像そしてDIYなどをテーマに不定期にイベントを開催予定

    4階大家の住まい

    空間象徴的な観客席的なベンチを設置予定、プロジェクターを設置し映画鑑賞も想定

    4階大家の住まい

    4階大家の住まい

  • Room 303(音楽ルーム)

    303号室は解体だけを実施。防音室アビテックスを備えた音楽ルームになる予定です。

    解体まえの303号室

    解体まえの303号室

    解体工事実施

    キッチン、クローゼットなどを撤去

    解体工事実施

    天井、壁面撤去

    解体工事実施

    風呂場撤去

    解体工事実施

    元キッチン周辺

    現在_空間実験中

    音楽ルームの工事スタートまで、写真スタジオとしての空間実験中です

    現在_空間実験中

    この実験空間で、今後のコンセプトルームのイメージを固めています

  • We create new values.

    RRP has been started !

  • Address

    有楽町線/副都心線「千川」駅より 徒歩5分

    All Posts
    ×